以前に、せどりの外注化の記事で、
商品の梱包と発送業務を1個@18円くらいでやってもらっている!

と言うことを書いたことがあるのですが、

記事を読んだ方から、

外注の方法を詳しく教えてほしいと言う
お問い合わせを頂きました。

↓メルマガご購読でせどり教材プレゼント中!

この方は、メルカリ副業をされている
子育て中の専業主婦の方で、

発送業務が大変なので、
18円くらいでできるのなら外注したい…

との事でした。


ぼくが外注していたのは、
主にヤフオクで売れた商品の

梱包と発送業務を
市内の知的障害のある人たちの作業所を運営しているNPOに

内職と言う形でやってもらっていました

人たちと言っても、みんな
中学生以上で20歳前後の若い方ばかりなのですが、
ちょうど自立支援と言った感じで、

内職やバザー等の催事を通じて、

お仕事の練習のようなことを
その作業所でしていました。

そこに、ぼくの発送業務を
やってもらっていたと言う訳です。

現在は、ヤフオクは在宅のスタッフさんに
出品から発送、集金までを丸投げしているので、

殆ど内職は委託していないのですが、

何年か前は、凄い量の発送業務を
お願いしていました。

その作業所には、先生を入れて
常時3~4人くらいの人がいたので、

平日はほぼ、ぼくの発送業務を
朝から夕方までやってもらっていました。

具体的には、

売れた古本やDVD、おもちゃを梱包して
宛名ラベルを貼って、

定型外やゆうメール発送のものは
郵便局へ持って行ってもらってい、

メール便や宅急便のものは、
ヤマトに作業所まで集荷にきてもらっていました。


作業の流れは、
大体こんな感じでした。

9:00 ぼくが発送する商品を届ける(ダンボール数箱)

 ↓

9:30 作業開始(午前の部)

 ↓

12:00 休憩

 ↓

13:00 作業開始(午後の部)

 ↓

15:00 郵便局へ持ち込み

 ↓

15:30 ヤマトの集荷&後片付け

 ↓

16:00 ぼくの家に伝票番号をFAXして終了

ぼくの発送が少ない時には、
ぼくが仕入れてきた古本やおもちゃの

検品&クリーニングを
1個@10円でおこなってもらっていました。

時間がある時には、
朝納品してそのまま一緒に作業をしたり、

午後に合流して
作業をしたりしていました。

それで…ぼくがどうやって
作業をお願いするようになったかと申しますと…

それは…
続く…

(-_☆)キラーン