先日、ぼくの「せどり外注化マニュアル」の
実践を検討中の方から、

せどりの外注化をしたいけど、
何だかんだ専門的で難しそうで躊躇しています。

と言うようなメールを頂きました。

まあ、外注化と言うと…

求人広告を打って、面接をして採用して、
トレーニングをしてと、

イメージ的には、ちょっと
簡単にはできないような感じもありますが、

外注化の第一歩は…


ご家族に手伝ってもらう!です。

仕入れでも出品でも発送でも、
両親やご兄弟、旦那さんや奥さんやお子さんまで、

まずは家族に手伝ってもらうので、
1番手っ取り早くて安上がりです。

少々無理も聞いてもらえるので、
これ程心強い味方はありません。


でも、家族には手伝ってもれえないよ…

と言う方ももちろんいらっしゃいますので、
続いて第二歩目は…

知り合いに手伝ってもらう!です。

ぼくも以前、引きこもりの友人に、
ヤフオクの出品を手伝ってもらっていたことがあります。

もう随分と前の話なのですが、
午前中にぼくの家にきてもらって、

出品や発送を流れ作業にして行ったら、
かなり効率がよかったですよ。

夕方、その人が帰る時に、
郵便局から発送する荷物を持って帰ってもらって、

1日の作業は終わり。と言った感じでした。

もしも、時間がありそうな知り合いがいたら…
声をかけてみて下さい。

案外簡単に、引き受けてくれますよ。


外注化の第三歩目は…

ご近所さんに手伝ってもらう!です。

定年退職して悠々自適な生活を送っていて、
ヒマを持て余しているご近所さんもいるでしょうし、

子供が小さくて、
勤めに行けない子育て中のご近所さんいるでしょうし、

学生で簡単なバイトを探している、
ご近所さんもいるでしょうし、

一声かければ、
きっと手伝ってくれますよ。


ぼくは、手伝ってもらったと言うか…

ご近所さんの商品を、
出品代行をしていた時がありました。

まだ、ぼくの仕入れが少なかった時で、
主にブランドものや貴金属を取り扱っていたのですが…

自分で仕入れて売るより、
出品代行の方が、

よっぽど儲かる時がありました!?


ご近所さんでも顔見知りでないと、
少々声を掛けづらいと言う方は、

ミニチラシなんぞを手書きで作って、
近所のレオパレス21にでもポスティングすれば、

きっと大学生がアルバイトしてくれますよ。

と言うことで、外注化は、
まずは身近なところから行ってみて下さい。

(-_☆)キラーン