自社用に開発した「中国輸入リサーチツール」を
モニターしてみませんか?
⇒ http://tinyurl.com/gmmvwlr



最近、メルマガの読者様から

国内せどりを中止して、
海外仕入れを始めようと考えているのですが、

おすすめツールはありませんか?

と言うご質問が立て続けにありました。


相変わらず、中国輸入は強いですね。

と言うか、国内せどりの人気がガタ落ち!?
なのかも知れませんが…。


ぼくなんか、最近はあれですよ、
出品は殆ど外注さんに委託をしているので、

手元には単価の安い古本や
ジャンクのおもちゃ等ばかり残って、

それを毎日せこせこ出品しています。

古本はいいですよ。

ある程度の量を出品していれば、
毎日20冊、30冊と売れるので…

単価は安いのですが、
すごく稼いでいる気になります!?


それでも中国輸入の方をやってみたいと言うのでしたら…

ぼくの 、とっておきのツールをご紹介いたしましょう!

そのツールは、単なるAmazonの在庫切れリサーチや、
プレミア価格発見ツールではなくて、

実際に日本のAmazonで販売すれば、
利益のでる商品を、

海外のショッピングサイトから、
すぐに仕入れられる状態で

教えてくれます。

逆に利益が日本でマイナスになっていれば、
その商品は「輸出向け」の商品で、

国内で仕入れて海外で販売すれば、
それはそれで、儲けることができます。


このツールは、

中国輸入は、タオバオ、アリババから仕入れて、
日本のAmazonで売れる商品のリサーチができます。

欧米輸出入は、欧米のAmazonのと日本のAmazonの価格差をリサーチして、
輸出向きか輸入向きかを判定してくれます。

欧米輸出入のリサーチ先は、
アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペインのAmazonです。


このツールでは、次のことができます。

1.狙ったAmazon商品の実売個数を日々追跡できる
2.パワーセラーの売れ筋商品がひと目で分かる
3.全カテゴリーを最下層まで掘り下げて、
 キーワードや価格帯、出品者数などで絞り込み、売れ筋商品を見つけられる
4.海外サイトから最短1クリックで仕入れ先を探し当てられる
5.仕入れ先の原価を入力するだけで
 諸費用を考慮した利益額・利益率が分かる
6.仕入れ履歴や利益計算が一括管理できる
7.カタログ作成時のキーワード候補がすぐに手に入る



ぼくもご提供頂いて、
モニターしているので、

気になる方は、
ぜひ、チェックしてみて下さい。


⇒ http://tinyurl.com/gmmvwlr

(-_☆)キラーン